筋肉痛とは?

運動をした後の筋肉痛は、誰しもが経験があると思います。

これと言って治し方があるわけじゃないので、痛みが治まるまでじっと我慢をしているのが普通ですね。

では筋肉痛はなぜ起きるのかを考えてみましょう。

一般的に認知されているのは「乳酸」が原因で、運動をすると筋肉に乳酸が蓄積されます。
その乳酸が溜まることにより、筋肉が酸性になり、それが筋肉を傷めて痛みになって現れるのが筋肉痛の原因とされています。

またこの他にも、運動をすると筋がダメージを受けますが、それを修復する時に痛みが出るとの考えもあります。

それと筋肉そのものが損傷したときの痛みです。

これは普段運動をしていない人が、過激なスポーツをしたりすると起こります。

この痛みですが、若い頃は翌日に出て、年を重ねると2日目に現れると言われていますが、これは血管の老化と関係しています。

筋肉の損傷を修復する時には白血球が損傷した筋繊維を取り除くますが、この時に発生する物質が筋膜を刺激して痛みが発生します。

毛細血管が細くなってくると、血液の循環が悪くなり、その結果として痛みが遅れてでてきます。

筋肉痛の治し方につては、多くの人がやっている湿布薬やお風呂でのマッサージが有効だと思いますが、それよりも防止の方が効果的だったりします。

治し方を考えるということは、既に痛みが現れているという事ですから、なるべくなら痛みが出ない準備をしましょう。

いつもの運動で筋肉痛を防ぐ

筋肉痛は治し方を考えるよりも、防ぐ方法を考えた方がいいですね。

筋肉痛になってしまっては、多少なりとも痛みとの戦いになってしまい、辛いですから。

では防止はどうすればいいのでしょう。
一番良いのは、運動習慣を身につけることです。

例えばウォーキングを毎日続けると、足腰が丈夫になり、下半身を使った運動ならそれほど苦にはならなくなります。
また、サイクリングでも同じことが言えますが、自転車の場合は坂道を登るときには上半身も使いますから、全身運動をしても耐えられる身体になります。
運動習慣が大切なのは、筋肉痛の予防だけじゃなく、メタボリックシンドロームの予防になり、それが生活習慣病を防いでくれることにも繋がるからです。
普段から運動をしていないと、心臓の機能が弱くなっていきますし、それにより血管の老化も進行することになります。
血流が不足気味になると、脳へ送られる血液も減少し、それが原因で集中力がなくなったり、脳の働きが弱くなったりして、仕事にも影響を与えるようになってきます。
運動習慣が身についていても、普段やっていない運動をすると筋肉痛になって、治し方を考えたりしますが、それでもスポーツをやっていない人よりは軽くてすみます。
また身体を動かした後の疲労感も少なく、翌日へ疲れを残したりすることも無くなります。
筋肉痛は治し方を探すより、防止を心がけましょう。

筋肉痛の原因は?

運動をした後の筋肉痛は、誰しもが経験があると思います。
これと言って治し方があるわけじゃないので、痛みが治まるまでじっと我慢をしているのが普通ですね。
では筋肉痛はなぜ起きるのかを考えてみましょう。
一般的に認知されているのは「乳酸」が原因で、運動をすると筋肉に乳酸が蓄積されます。 その乳酸が溜まることにより、筋肉が酸性になり、それが筋肉を傷めて痛みになって現れるのが筋肉痛の原因とされています。
またこの他にも、運動をすると筋がダメージを受けますが、それを修復する時に痛みが出るとの考えもあります。
それと筋肉そのものが損傷したときの痛みです。
これは普段運動をしていない人が、過激なスポーツをしたりすると起こります。
この痛みですが、若い頃は翌日に出て、年を重ねると2日目に現れると言われていますが、これは血管の老化と関係しています。
筋肉の損傷を修復する時には白血球が損傷した筋繊維を取り除くますが、この時に発生する物質が筋膜を刺激して痛みが発生します。
毛細血管が細くなってくると、血液の循環が悪くなり、その結果として痛みが遅れてでてきます。

筋肉痛の治し方につては、多くの人がやっている湿布薬やお風呂でのマッサージが有効だと思いますが、それよりも防止の方が効果的だったりします。
治し方を考えるということは、既に痛みが現れているという事ですから、なるべくなら痛みが出ない準備をしましょう。

ストレッチで筋肉痛を治す

筋肉痛の治し方で有効とされているのが、ストレッチでしょう。
これは筋肉の損傷が原因で痛みが発生していることを考えると、逆効果のように思えますが、運動をした後の筋肉は硬くなっています。
これにより血流が悪くなり痛みの原因にもなるので、これをほぐすことで痛みを防止するのに効果があります。

ただし、運動直後は筋肉が硬くなり、疲れているので、時間をかけてゆっくりとストレッチする必要があります。
筋肉痛の時にさらにストレッチをするのは、少々辛いかもしれませんが、無理をしないで時間を掛けて行なうことで、放っておくよりは早く治ります。

またできれば痛みが出る前、つまりスポーツや運動が終わったら、直ぐにストレッチをする習慣をつけましょう。
これにより痛みが起きるのを防止できたり、軽減することが可能になります。

運動前のストレッチも当然有効ですから、準備運動とセットで行なうといいでしょう。
身体が硬いうちに運動を始めると、怪我の原因になったりするので、念入りな準備運動と効果的なストレッチが大切になってきます。

また、身体の一部に負荷を掛けたような場合は、その部分を触ってみます。
そうすると筋肉が盛り上がって「鍛えられた状態」になっていると思いがちですが、それは前述したように硬くなっているだけかもしれませんから、その部分を念入りにマッサージすることで痛みを防いだり、軽減したりできます。
でもやりすぎは悪化させますので、時間を掛けてゆっくりと行いましょう。
筋肉痛の治し方に、ストレッチは有効です。

筋肉痛の間違った治し方

筋肉痛の治し方で有名なものに、お風呂でのマッサージがあります。しかしこれはやり方を間違えてしまうと、返って筋肉痛を悪化させてしまう可能性があるのです。

筋肉の原因が炎症だった場合は、血流を良くすることによって炎症が促進されてしまうのです。詳しく説明しますと、筋肉痛対策の基本は「温→冷→温」です。

そのため筋肉痛の痛みが出る直後は温めて、痛みが激しい時は冷やして血流を抑えます。そして痛みが治まってきたら、お風呂でマッサージをして再び温めます。この方法が筋肉痛の治し方の基本となります。

湿布に関しても「温湿布」と「冷湿布」がありますので間違えないようにしましょう。こちらも炎症が酷い時は冷湿布で冷やして炎症を抑え、その後痛みが治まった頃に温湿布を使用するようにして下さい。

またストレッチも間違った方法をしている方が多いようです。筋肉は急に引っ張られると、元に戻ろうとして縮んでしまいます。また無理に伸びて傷んでしまう可能性もあります。

そのため勢いをつけたストレッチは止めるようにしましょう。勢いをつけたストレッチに運動効果は殆どなく、逆にそれが原因で痛みを引き起こしてしまう場合もあります。

ストレッチもゆっくり行って、筋肉を除除に伸ばすことが大切になります。これはマッサージにも同じことが言えます。かなり酷い筋肉痛であっても1週間ぐらい経つと治まってくるので、いつまで経っても痛みが治らない場合は病院で診察してもらうようにしましょう。